ブログを書くおすすめの方法!無料ブログサービス?WordPress?

皆さんこんにちは。
和歌山県御坊市にあるデザイン会社nikoplusの寺口です。
弊社では、ウェブサイトの制作(ホームページの制作)やLINE公式アカウントの制作、印刷物の制作などを行っております。

今回は、「ブログを書くおすすめの方法!Wordpress?アメブロ?はてなブログ?」というテーマで記事を書かせていただきます。
そもそものブログとは何か?から始まり、ブログの書き方など少しでも皆さんにとっつきやすく、ブログに親しみを持っていただければ幸いです。

また今回は、ブログを始めたいけどどうすれば良いか分からない方や、趣味のブログをすでに書いている方向けの記事になります。
ブログで収益化したい方やビジネスとして商用利用されたい方は、物足りない記事になっているかと思いますので、ご了承くださいませ。
それでは本文に入らせていただきます。

そもそもブログって何?

まず皆さん、BLOG(ブログ)って何かご存じですか?
多くの方がこのワードを聞かれたことがあると思うのですが、そもそもブログって何ですか?と問われると、意外に困ってしまう方もおられるかもしれません。

BLOGとは、日記などを日時順(時系列順)に掲載できるウェブサイトのことで、WEB(ウェブ)LOG(ログ)を掛け合わせたWEBLOG(ウェブログ)という言葉の実は略語となっております。
WEB上にLOG(記録)を残すという意味のWEBLOGという言葉を略してBLOGとし、皆さん「ブログ書いた~?」などと実はブログという言葉を使われています。

硬い言葉を使うとなかなか難しいですよね。ざっくりいうと「ブログとは、インターネット上の記事のこと」と思っていただければ良いかと思います。

ブログと今はやりのSNS(ソーシャルメディア・ネットワーキングサービス)はどう違うの?

SNSとは、有名なものでいいますと、LINEやFacebook、Instagram、Twitterなどのサービスの事です。
皆さんこの有名SNS4つのうちどれかは利用されていますよね。

少し話が逸れますがSNSで日本で一番利用者が多いサービスがLINEです。約8400万人の方がLINEを利用されております。
日本の総人口が約1億2650万人ですので、赤ちゃん~お年寄りまでコミコミで考えても、単純計算で約66%の方がLINEを利用されております。
スマートフォンを持っている方と絞ると、ほかのSNSもそうですがまだまだ利用率はあがります。
これって凄いことですよね。中国から入ってきたLINE。最初は何それ?と皆さん疑っていましたが、便利と分かってきた途端、一気に普及し日本の【連絡するツール】のシェアを短期間で確立されましたね。
本当にこの短年で、凄い世の中になりましたね。電話の進化のように、インターネットサービスの進化もめまぐるしいです。

では話を戻し、
ブログとSNSの違いを簡単に説明します。

ブログは、情報量が多く、より一方的に他者に情報発信できるものだと思います。ちなみに当記事もブログです。
対して、SNSは短文や写真などを他者とやり取りし、より多くの人と【繋がる】ためのサービスだと思います。コミュニケーションを楽しむことに重きを置いているサービスですね。

昭和な例えをすると、ブログは新聞(一方的に情報を読む)、SNSは町のコミュニティーセンター(人が集って意見や情報交換)みたいなイメージと思っていただければわかりやすいかもしれません。

【ブログ】多くの情報を一方的に伝達できるツール
新聞や本がイメージとしては近い

【SNS】人と人とのつながりを重視したツール
コミュニティセンターがイメージが近い

ブログもSNSもそれぞれにメリット・デメリットがありますので、そのあたりは今後の記事でもっと深堀した記事を書かせていただきます。

ではシンプルに、インターネット上でブログを書くにはどうすれば良いのか?

簡単に手間なく無料でブログを書くには、すでに存在するブログサービス会社にメールアドレスやニックネームなどを登録し、ブログサービスを利用する方法が分かりやすく一般的かと思います。
例えば、有名な「FC2ブログ」や「Amebaブログ」がそうです。

今ではスマートフォン1つあれば、パソコンの知識がほとんど無くても、ブログサービスの案内に従いながら、会員登録を済ませ、マイページの設定などを行えば30分~1時間もあれば、誰でも簡単に記事を書くことができます。
ブログ始めようかな?と思われている方は、そういったブログサービスを利用するのも1つの手段です。

皆さまの参考になるよう、無料から始められる有名ブログサービス数社を要点を挙げながら簡単に紹介させていただきます。

無料から始められる主要ブログサービス一覧(月間の訪問者数順)

①FC2ブログ
【月間の訪問者数】約2億3450万

FC2ブログ公式サイト

FC2は無料ブログ、ホームページ、動画配信、アクセス解析等、楽しいWEB Lifeをお届けする総合サービス。国内屈指の実績とシェアを誇る「ブログ」「動画」は初心者からヘビーユーザーまで、幅広くご利用いただいています。
というFC2ブログ公式サイトの表記にもあるように、幅広い層に利用されているブログサービスです。
カスタマイズの柔軟性も高い反面、1か月以上ブログを更新しなければ強制的に広告が目立つ位置に配置されてしまいます。ですので、ブログの更新頻度が低い方はあまりお勧めできません

②Amebaブログ
【月間の訪問者数】約2億2500万

Ameba公式サイトはこちら

アメブロでブログを書こう! 16000人以上の芸能人・有名人ブログを読めるのはAmebaだけ。子育て・ファッション・ペット・旅行・マンガなどのカテゴリも展開。
というAmebaブログ公式サイトの表記にもあるように、多くの芸能人や有名人が利用されています。
アメーバピグというアバターサービスや、足あと機能なども付いており、ブログを始めたての方でもアメブロ内で目にとまりやすいメリットがあります。
登録も、メールアドレスを最初に登録してから、①アメーバID、②パスワード、③生年月日、④性別を登録するだけで簡単にブログを始めることができます。
コミュニティ機能が充実しており、ブログサービスですが、SNSのような感覚でも使用できます。

③ライブドアブログ
【月間の訪問者数】約1億8100万

ライブドアブログ公式サイト

読み手にも書き手にも寄り添ったブログサービスを目指し最高のブログ環境をあなたへお届けします。
というライブドアブログ公式サイトにも表記があるように、シンプルなデザインでありながら、機能性や拡張性・自由度が高い面は良いですね。
スマートフォンにも完全対応しています。

④Blogger
【月間の訪問者数】約8500万

Blogger公式サイト

伝えたいことを自分らしく発信。あなただけの素敵なブログを作りましょう。
というBlogger公式サイトの表記にもあるように、こちらも幅広い層に利用されているブログサービスです。
Bloggerは皆さんよくご存じのGoogleが運営する無料ブログです。
Bloggerの良いところは、サイト側が表示する広告を無料プランでも非表示にできるという良さがあります。

⑤はてなブログ
【月間の訪問者数】約8120万

はてなブログ公式サイト

はてなブログは、あなたの「書きたい」気持ちに応えるブログサービスです。ささいな日常も、忘れられない出来事も、はてなブログに書き残してみませんか。
というはてなブログ公式サイトの表記にもあるように、こちらもお手軽にブログを始めることができます。
ブログを更新すると「新着記事」のカテゴリに誰でも掲載されるので、知名度の低いブログでもアクセスアップが期待できるメリットがあります。

他にもまだまだブログサービスを提供している会社はありますが、無料で始められて、初回登録も簡単、登録後のブログ作成も直感的に記事を書けるところが多いです。

5つのブログサービス会社を月間訪問者数順に、列挙させていただきましたが、昨今では、各ブログサービス会社も、お互い競い合ってUI(ユーザーインターフェース:直感的な操作性の良さや見た目の良さ)をより向上させ、パソコンに弱い方でも誰でもお手軽にブログを書ける環境が整ってきておりますので、まずはお試しでサービスを利用してみて、自分にあったサービス会社を見つけてみるのも1つかなと思います。

無料ブログサービス会社を選ぶことのメリット

①初めの登録が簡単
②無料で始められる(プランによっては有料)
③直感的に誰でも記事が書ける
④記事を見てもらいやすい(各ブログサービス内でファンを作りやすい)
⑤管理に手間がかからない

メリットだけを見れば抜群に良いですよね!

しかし、実はデメリット面も皆さんに知っておいてもらいたいです。

無料ブログサービス会社を選ぶことのデメリット

今回、無料ブログサービスを使用されている方に、多々あるデメリットの中から私が一番重要と考えているデメリットをお伝えさせていただきます。
それは、
書いたブログ(記事)が誰のものか?というお話です。
・・はて?

皆さん「いやいや!記事は私が書いたんだから私のものでしょ!」と当たり前のように思われるかもしれませんが、確かにオリジナル記事の著作権は書かれた皆さんにあります。
しかし、
Amebaブログを例に利用規約を確認すると、

第12条(知的財産権等)
1.本サービスを構成する文章、画像、プログラムその他一切の情報について発生している著作権その他の知的財産権、肖像権及びパブリシティ権その他の人格権ならびに所有権その他の財産権は、利用者が自ら作成したもの(第10条第2項に掲げる場合を除きます)に関する権利を除き、当社又は当該権利を有する第三者に帰属しています。
2.当社は、利用者が本サービスにおいて投稿、アップロード又は保存した全ての情報(文字情報、画像情報等を含みますがこれらに限定されません)について、これらを保存・蓄積した上、本サービスの円滑な運営、改善、当社又は本サービスの宣伝告知等(第三者のメディアへの掲載を通じた紹介記事・コンテンツ等も含まれます。)を目的として、あらゆる態様で利用できるものとし、利用者はこれに同意するものとします。
3.利用者は、自己の著作物に関して、第三者の権利侵害等の問題が発生した場合、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、当社に何等の迷惑又は損害を与えないものとします。

【引用元】Ameba利用規約 第12条(知的財産権等)

といったように、著作権は利用者にありますが、投稿した記事などは「Ameba側がいつでも利用しますよ」と謳われています。
実は他の会社も大体同じで、規約を解釈するとFC2ブログも「利用者の制作物はFC2がいつでも利用します」。ライブドアブログは「利用者の投稿は無期限かつ無償で弊社が使用し、かつ著作権を主張しないでください!」となっています。

私が何をお伝えしたいかと言いますと、せっかくのご自身のブログ(記事)という知的財産を堂々と気持ちよく自分のものだと言いたくないですか?
無料ブログサービスを利用するという事は、そのブログサービス会社に知的財産を預けている形となっております。そして無料ブログサービスは、お金を預ける銀行のようにはいきませんので、万が一のサービス終了時に他ブログへのブログ移行などは自分で行わないと、ブログが消滅してしまう恐れもあります。
2019年に実際、大手のYahooブログがサービスを終了し、その際に様々なトラブルが出たケースがあります。
※詳細は、後ほど記載いたします。

そういった意味でも、先を見据えてお勧めなのがWordPress(ワードプレス)を用いたブログ作成です。

 

ブログを書くなら断然WordPressがおススメ!


趣味でブログを書かれる方も「一歩進んで」、またビジネスやブログでの収益化を考えておられる方にも、すべての方に共通してブログを書く場合は「WordPress(ワードプレス)」が断然おススメです。

なぜかというと、WordPressはデザインのカスタマイズ性が高いことや、他にもさまざまなメリットがありますが、私が一番お伝えしたいことは、ご自身で書かれたブログ(記事という知的財産)をご自身でキチンと持っていて欲しいという事です。
極端な話、ブログサービス会社の理由でサービス提供を中止するとなった場合、ご自身で書かれた記事が消されてしまう場合もございます。

昨年あった例では、大手の「Yahoo!ブログ」が2019年12月15日にサービスを終了しました。

この際に、Amebaブログ等へのデータの移行作業が発生したのですが、作業に不慣れな方などは、そのまま放置してしまい、「数年間書き溜めた記事が0になってしまった。」や「他ブログへの移行で元々記事を読んでくださっていたファンが遠のいた。」など色々なデメリットがございました。

こういったブログサービス会社のサービス終了も、今後無いとはいえません。
その際に、ご自身の知的財産を失わないためにも、ご自身でしっかりとブログという財産は保管しておくほうが良いと思います。

そもそもWordPress(ワードプレス)って何なの?

ワードプレスとは、世界で一番使われているオープンソースのCMS(コンテンツマネジメントシステム)であり、Webサイトのコンテンツを構成するテキストや画像、デザイン・レイアウト情報(テンプレート)などを一元的に保存・管理するシステムのことです。
ウェブサイトは一般的には、専門的な知識が無ければ構築・管理が難しいものですが、CMSは専門知識なしである程度のページの更新・追加が可能になるとても便利なシステムです。
もうホントざっくり言うとお手軽ブログシステムです。

またデザインやカスタマイズ次第で、ブログの要素よりもホームページの要素を強くできたり、ショッピングページにできたりと、多種多様なデザイン性・カスタマイズ性があります。

BLOG色を強くカスタマイズ

ホームページ色を強くカスタマイズ

ECサイト色を強くカスタマイズ

WordPressは世界のシェアとしても、世界のウェブサイトの35.2%を占めています。(2019年12月時点)つまり世界のウェブサイトのうち35.2%はWordPressを用いて作られているサイトということになります。アナタが普段スマートフォンなどで見ているサイトも、WordPressで作られたものであることが多いです。弊社のサイトもWordPressで制作したものになります。

有名な企業サイトですと「ラクスル」や「クックパッド」もWordPressで作られたウェブサイトとなります。
【ラクスル株式会社】https://corp.raksul.com/
【クックパッド株式会社】https://info.cookpad.com/

WordPressのデメリット

【コスト面】

ちなみに、Wordpressを導入すると、ブログサイトの初期制作費やレンタルサーバー契約による月々のランニングコストがコスト面で発生します。
弊社では、国内一との呼び声も高い、実績のあるレンタルサーバー会社様のXserverを基本推奨させていただいておりますが、Xserverでサーバーをレンタルしたとすると、一番お安いX10プランでも1年契約で年間16500円(税込み)がかかります。また独自ドメイン代(.comや.jpなど)を取得するコストもかかり、月々1000円~1500円はブログサイトの維持に必要となってきます。
しかし、月々このコストで、ご自身で知的財産を守ることができることができると考えるとお安い費用かとは思います。

【セキュリティ面】

オープンソースのWordPressはユーザー数も多いため、その分ハッカーなどに狙われる恐れがありますが、こちらは正直申し上げるとどのサイトでもリスクはあります。
この辺りも、セキュリティを高める機能を追加することで、十分対策できますので問題ございません。

こういったデメリット面もしっかり考慮したうえで、ブログをどの方法で書くかをご検討いただければと思います。

ご自身のブログという知的財産をしっかり守るためにも、これからブログを書かれる方も、すでにブログを書かれている方も、ぜひこの機会にWordPressを導入してみませんか?

私が今一番おススメするブログの書き方!!

結構なボリュームの記事を書かせていただきましたが、最後に「私が今一番おススメするブログの書き方」をご紹介しようかと思います。

ズバリ!!
ベースとなる情報量の多い有益な記事をWordpressで書き、アメブロなどにWordpressで書いた記事を簡略化したものを掲載するという、WordPressと無料ブログサービスの合わせ技一番おススメです。

例えば、アメブロなどにブログの要点を簡潔に書き、「詳細は●●のオフィシャルブログへ」や、「続きは●●のオフィシャルブログへ」少しの情報を無料ブログで読み手に与えてから、WordPressのメインブログに誘導する使い方が一番良いと思います。
無料ブログサービスのコミュニティ機能など使えるところはしっかり使いながらも、知的財産となるブログ(記事)はしっかり、ご自身で管理するという使い方をすれば、ブログの読者も無料ブログからWordPressに引っ張れてサイトのアクセス数向上にも繋がりますし、メリットがかなりあります。
ただし、WordPressと無料ブログとの併用となれば、その分作業量(時間的拘束)が増えることになりますので、その辺りはご自身の無理のないペースでバランスを見ながらブログを書くのが一番良いと思います。
しんどい思いをして、ブログを書いても続かないし・苦しみながら書くので内容も楽しくないものになってしまい時間を浪費する事にも繋がります。
継続は力なり】という言葉がぴったりで、ブログは楽しみながら長期的に資産を作っていくイメージを持っていただければ良いかと思います。

WordPressの導入について

弊社では、個人のブログサイトやホームページを制作する際には、WordPress原則導入させていただいております。
理由は導入後の、月々の更新などもお客様側で極力簡単に行っていただくことで、月々のランニングコストを抑える目的と、折角のご自身のサイトなのですから、更新も楽しんでいただきたいと思うことなど、色々な思いから導入させていただいております。

もう少し詳しくWordPressについて知りたい方、その他ご意見などございましたら、お気軽に下記の方法でご連絡いただければと思います。
また、今回無料ブログサービスとWordPressを比べる形となりましたが、今回は無料ブログサービスを利用する事での重要なデメリットをお伝えしたくて、WordPressに重きをおいた記事にさせていただいておりますが、無料ブログサービスも良いところがいっぱいですので、次回次回以降はもっと掘り下げて無料ブログサービスの活用方法についても記事にしてきたいと思います。

※スマートフォンでこの記事を閲覧されている方へ
下記ボタンを押していただくことで、nikoplusのLINE公式アカウントをお友達に追加することができます。

友だち追加

※パソコンから閲覧されている方へ
スマートフォンで下記QRコードを読み取っていただくことで、nikoplusのLINE公式アカウントとお友達になることができます。

こちらの記事を読んでいただき、皆さまに楽しくブログ作成に取り組んでいただければ幸いです。

最後まで、当記事をお読みくださり誠にありがとうございました。
これからも皆さまに、読んでよかったと思っていただける記事を書いていこうと思いますので、宜しくお願いいたします。

nikoplus 代表 寺口 文也

各SNSでも、お得情報や小ネタ・日常の話題などを配信していますので、ぜひお友達になっていただけると嬉しいです。